【確実に貯められる!】100万円の貯金を1年で達成できた私がおすすめの方法を紹介!

お金
「お金が貯まる気配がない!」
「どうやって貯めていけばいいの?」
「貯金のおすすめ方法について知りたい」
そんなお悩みを解決していきます。
お金を貯めておかなければいいと頭では理解していても、実際にどのように貯めていけば良いかがわからないと言う人は多いはず。
そこで今回の記事では、貯金方法について紹介していきます。
最後までお読みください。

1.貯金する前に必要なこと3STEP

 

 

 

貯蓄する準備段階として、やっておかなければならないことを紹介します。

 

貯蓄する前に以下の3つを行う必要があります。

  • 資産状況の把握
  • 資産の分類
  • 目標額の設定

順番に詳しく解説していきます!

 

1-1 STEP1:資産状況の把握

 

まず、自分がどれほどの資産を持っているのかを把握しておく必要があります。スタート地点をきっちりと知っておくことはとても大事です!

 

そもそも自分の収入や支出、資産がどれだけあるか把握できていますか?
家計の流れを把握するということは、使っている金額や毎月の収入や支出、毎月の収支は黒字なのか赤字なのか、などを大まかにでも把握しているという意味です。

家計の流れを把握する上で、一番大切なことは「使途不明金」を把握することです。
使途不明金とは、何に使ったのか分からない用途が不明なお金を指します。これが分からないことには把握することが不可能です。
毎月、収入の範囲内でやりくりできているから、使途不明金があっても気にしないという人もいるかもしれません。しかし、使途不明金をなくすことは節約につながり、貯金に回せるお金が増える場合があります。

また、毎月赤字という人は、まずは使途不明金をなくすことから始めましょう。自分の資産状況がどの位なのかを把握するた目には家計簿アプリがおすすめです。

最初のステップとして必ず資産状況の把握をしましょう。

 

1-2 STEP2:資産の分類

 

持っている資産を把握したら、次のステップとして、資産をしっかりと分類する必要があります。

それは以下の3つに分類することです。

  • 使うお金
  • 貯めるお金
  • 増やすお金

それぞれ詳しく解説していきましょう。

 

まず、使うお金です。使うお金は普通預金に置いておくお金です。
健康で毎日元気に働いていても、万が一病気で働けなくなってしまったり、仕事を辞めないといけなくなったりした場合、すぐに使えるお金がなかったら不安になってしまいますよね。

会社員が転職を理由に退職した場合、失業保険が支払われるまで時間がかかってしまいます。
また、自営業の方のケースだと、病気になって仕事ができなくなったら、会社員のように傷病手当が出るわけではありません。
そのような場合に備えて、目安として生活費の6ヵ月分をいつでも簡単に引き出せる普通預金に準備しておくと良いでしょう。

 

次に貯めるお金です。貯めると一言で言っても、やみくもに貯めていくだけではストレスになってしまいます。お金を貯めるタイミング・目的・金額などを決めて計画的に貯めていくことが重要。計画をきっちりと立てることによってお金を貯めやすくなります。

 

最後に増やすお金です。これは、今すぐ使う目的は決まっていないけど、手元にこのまま置いておくのはもったいない余剰金になります。「貯めるお金」の一部を海外の株式に投資して、お金を増やす方法もアリですね。

 

資産の状況が把握できたら、その資産を分類するようにしましょう。

 

1-3 STEP3:目標額の設定

 

最後のステップとして、目標額を設定しましょう!

 

お金を貯めるのが苦手という方にありがちなのが、毎月お金が余ったら貯金しようという方法です。
この方法だとお金がなかなか貯まっていきません。あらかじめ具体的な目標額を決めることが貯蓄への第一歩となります。

 

例えば一般的な目安としては、毎月の給与の手取り金額から収入の2割程度は貯金に回せるといいですね。仮に手取りが25万円だとすると5万円という計算になります。この場合、先取りとして5万円を貯金に回して、残りの20万円で1ヵ月やりくりする計画を立ててみるといいでしょう。

 

目標額を決めることは貯金するに当たって重要になります。

 

2.貯金するための5つの鉄則

 

 

 

貯金をするためには5つのポイントに注意しなければなりません。

 

5つのポイントとは以下になります。

  • 貯金用口座を開設する
  • 先取り貯金する
  • 支出を減らす
  • 収入を増やす
  • 高金利の銀行を選ぶ

それぞれ詳しく解説していきます。

 

2-1 ①貯金用口座を開設する

 

まず、貯蓄用の口座を開設しなければなりません。口座を1つにまとめている人は、生活用の口座と貯蓄用の講座を分けておくことをおすすめします。

と言うのも、1つの口座にまとめてしまうと、お金の出入りが管理しにくくなるからです。

貯蓄するための専用口座を開設するようにしましょう。

 

2-2 ②先取り貯金をする

 

なんといっても、先取りで貯金することが重要です。間違っても、あとで残ったお金を貯めようと思ってはいけません。後で残ったお金を貯めようと思うと、そもそも残っているかどうかも分からないし、月々によって貯められるお金も不安定になってしまいます。必ず先取り貯金を行うことで、確実に貯金することが可能です。また、先取り貯金の金額を決めておくことで、安定して貯めることができます。

 

2-3 ③支出を減らす

 

次に、出ていくお金を減らすようにしましょう。必要以上にお金を使ったり、最近使用していないサブスクリプションがあって課金されていたりしませんか。もし、無駄な支出があれば、早急に減らす必要があります。支出を減らすことによって、貯めるお金が増えることがあるので、必要以上に出費してしまっている方は、支出を減らすことを優先しましょう。

 

2-4 ④収入を増やす

 

そして、支出を減らすことはもちろんのこと収入を増やすことも重要になります。入ってくるものが増えると自動的に増えていく。もし、自分の収入が少ないと感じているのなら、給料の高い企業へ転職することも視野に入れると良いでしょう。

 

2-5 ⑤高金利の銀行を選ぶ

 

高い金利が採用されている銀行を選ぶようにしましょう。貯蓄するためには高金利の銀行を選ぶことは鉄則中の鉄則です。

このご時世において大手銀行の場合、金利が0.001%であることがほとんど。また定期預金で預金していたとしても0.002%くらいあれば良いところ。これでは、思うようにお金を貯めることが難しくなってしまいます。

一方で、ネット銀行の場合、高金利になっていることがあるので、おすすめです。ネット銀行によっては大手メガバンクの約100倍以上の金利になっているところもあります。

 

 

3.貯金のおすすめ方法6選

 

 

 

では、実際におすすめの貯蓄方法には一体どのようなものがあるのでしょうか?

この記事では、以下の6つの方法について解説していきます。

  • 自動積立定期預金
  • つみたてNISA
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)
  • 企業型確定拠出年金
  • 財形貯蓄
  • 外貨預金積立

それぞれ詳しく見ていきます。

 

3-1 ①自動積立定期預金

 

手軽に先取り貯金を始めるのであれば、積立預金を始めることがおすすめです。給料が振り込まれる前にとはいきませんが、ほとんど同時、もしくは給料が入金されたタイミングで積立ができます。

 

積立定期預金とは、毎月決まった日にちに、決まった金額を普通預金から自動的に別の口座に積立する預金です。毎月の積立額だけでなく、ボーナスのときに積立額を増額することもできるので、目標のために毎月コツコツと貯めていくことができる仕組みです。

イオン銀行の積立式定期預金では、全期間を通して金利が年0.08%※で普通預金の年0.001%と比べて80倍にもなります。上手に積立をするのであれば、金利にもこだわりたいものです。

 

積立定期預金とは、毎月の決められた日時に一定額を自動的に貯めていく預金のことです。

普通預金に比べて金利が高めに設定されており、元本割れの心配が少ないことがメリットとしてあげられます

また、一度設定をしてしまえば毎月決められた金額を自動的に引き出して貯金へ回すことができるので、一切の手間をかけずに貯蓄を行うことが可能です。

ただし、適用される金利が0.1%未満であることが多く、利息に対しては20.315%の税金が課される点にはご注意ください

3-2 ②つみたてNISA

 

つみたてNISAは、年間で40万円までなら非課税で投資ができる「積立に特化した非課税制度」のことです。

自分で決めた一定額を毎月積み立てていくことができるので、はじめに仕組み化してしまえばあとは自動的にお金を積み立てて運用していくことができます。

 

非課税枠は最長で20年間利用できるので、上限の40万円×20年間で最大800万円までの投資を非課税で行える計算になります

一般的に金融投資で得られた利益には20.315%の税金が課されてしまうので、非課税で運用できる分だけお金を手元に残しておくことができます。

 

また、つみたてNISAで運用できる金融商品は、いずれも金融庁の厳しい審査を通過した優良な商品ばかりなので、投資初心者の人でも安心して運用が可能です。

最少で100円から積立投資を行うことができ、運用に成功すれば元本を増やせることがメリットですが、その一方で損失が発生する可能性があることも知っておきましょう。

 

3-3 ③iDeCo(個人型確定拠出年金)

 

iDeCoは、毎月の掛金を積み立てて運用を行う「老後資金の貯蓄を目的とした制度」です。

20歳以上60歳未満の人であれば誰でも任意で加入することができ、自分で決めた掛け金を拠出(払込)した後は自分で好きなように運用を行うことができます。

 

毎月一定額を自動的に引き落として積み立てていくので、特別な手続きを行うことなく自然と老後に向けた生活資金を貯蓄できることが大きなメリットです

iDeCoによって得られた利益は非課税で、拠出した金額は全額が所得控除の対象になるので、将来に向けた貯金をしながら現時点における税負担を減らせる点も魅力的なポイントです。

 

ただし、積み立てた金額は原則として60歳になるまで引き出すことができず、iDeCo専用口座の開設や維持に一定の手数料が必要な点は覚えておくようにしてください。

また、基本的には受け取りの際にも大きな所得控除が受けられますが、退職所得や公的年金と合算してiDeCoの積立金を受け取った場合には課税対象となってしまうので気をつけましょう

 

3-4 ④企業型確定拠出年金

 

企業型確定拠出年金は、老後資金を貯めていく企業年金制度になってきます。
企業型確定拠出年金に加入すると、以下のプロセスを踏みます。

   1.勤務先から皆さん専用の口座にお金が振り込まれる

   2.振り込まれたお金を使って予め準備された複数の金融商品の中から自分で商品運用をする。

 

確定拠出年金は60歳までは引き出すことができませんが、その代わりに拠出時(積立時)、運用中、給付時にそれぞれ税金の優遇があります。

  1. 拠出時、掛金が全額所得控除の対象となり、所得税と住民税が節税できます。
  2. 銀行で積立預金をすると利息に税金がかかりますが、運用中の利益に税金がかかりません。
  3. 給付時にも税金がかかりますが、優遇措置をうまく使えば節税できます。年金として受け取る場合は「公的年金等控除」、一括で受け取る場合は「退職所得控除」が利用できます。

 

また、勤め先が「マッチング拠出制度」を採用していれば、利用しない手はありません。マッチング拠出制度とは加入者自身が任意で給与から拠出して、事業主の掛金に上乗せするもので、掛金は全額が所得控除(小規模企業共済等掛金控除)の対象となるため、税制優遇を受けながら老後資金の準備ができます。ただし、掛金の額は月額5万5,000円(企業年金を併用している場合は月額2万7,500円)を上限とすること、事業主の掛金の額を超えないことが条件になります。

ただし、投資信託など元本が保証されていない商品もあるので、資金を減らしてしまう可能性があることに注意が必要です。

 

3-5 ⑤財形貯蓄

 

財形貯蓄とは勤労者財産形成貯蓄の略称で、勤労者財産形成促進法に基づき、勤労者の貯蓄や持家取得の促進を目的として、勤労者が事業主の協力を得て賃金から天引きで行う貯蓄のことです。

 

財形貯蓄には以下の3つに分類することができます。

  • 一般財形貯蓄
  • 財形年金貯蓄
  • 財形住宅貯蓄

それぞれ説明していきます。

 

まず、一般財形貯蓄とは、使用目的を限定しない財形貯蓄を指します。原則3年以上積み立てることになっています。ただし、1年が経過した段階で自由に払い戻すことができます。一般財形貯蓄は、非課税対象にならないので注意が必要。

 

次に、財形年金貯蓄とは、60歳以降の年金受給を目的とした財形貯蓄を指します。財形年金貯蓄は一般財形貯蓄とは違って、5年以上の積立期間が必要です。また、受け取りが60歳以降となります。税金に関して、優遇措置が設定されています。財形年金貯蓄は貯蓄型と保険型の2種類があり、貯蓄型の場合550万円までが非課税になるのに対して保険型は385万円までが非課税になります。ただし、後述する財形住宅貯蓄と併用する場合、合算して550万円までは非課税になります。

 

最後に、財形住宅貯蓄とは、住宅の購入やリフォーム資金を用意するための財形貯蓄を指します。基本的には、5年以上の積立期間が必要とされます。財形年金貯蓄と同様、税の優遇措置があります。しかし、異なる点は、貯蓄型と保険型の両方とも550万円まで非課税になる点です。

 

さらに、財形貯蓄をするにあたって、条件が必要になることも。

具体的には、事業主が賃金から天引きを行うこと、さらに財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄にあっては契約時に55歳未満の勤労者であることなど。財形貯蓄の詳しい要件などは、財形貯蓄商品を取り扱う金融機関などに確認してもらう必要があります。

 

3-6 ⑥外貨預金積立

 

そして、おすすめの貯蓄方法の6つ目は外貨預金積立です。外貨預金とは、日本ではなくて、外国の通貨で預金することを指します。また、積立投資は時間を分散して投資することで、リスクの分散も可能です。

一括で預け入れた場合、為替相場を直接的に影響を受けるので、預け入れのタイミングによって大きな利益を得ることができます。しかし大きな損失も発生する可能性があります。

一方で、積立で預け入れた場合時間分散によりリスクが分散されるので、大きな利益は得にくくなるものの、大きな損失が発生する機会を軽減することができます。
できるだけリスクを抑えて、長期間の堅実な資産運用を目指している方は、積立投資が向いているといえます。

 

4.まとめ

 

 

今回は、1年で100万円の貯金を達成した私がおすすめの貯金方法について解説してきました。

この機会にぜひ、貯金について考えてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] 【1年で達成】100万円を貯金できた私がおすすめの方法を紹介! […]

タイトルとURLをコピーしました